ゲーム攻略・レビューサイトの最新版
 >> ロードモバイル TOP

無課金の遊び方

モバイル対応ゲームを無課金プレイして徹底レビュー‼︎ 無課金に特化したゲーム攻略サイト‼︎

ギルドリーダーの辞め方 ~ギルドを作ったせいでゲームの引退が大変だった話~

  ギルドリーダーの辞め方

「ギルドのリーダーになって、自分の理想のギルドを作りたい!」
「信頼できるメンバーを集めて、最強のギルドを作りたい!」
こうしたキラキラした夢や輝かしい未来を信じて、ギルドリーダーになってみたという人は多いのではないだろうか?
だが、ギルド運営はそう簡単で順調なことばかりではない。メンバー同士の喧嘩や裏切り、寄生や放置など様々な問題が次々に露呈してくるのがギルドというもの。これらの問題にリーダーの責任として巻き込まれていく中で、リーダー業が嫌になってくることある。
また、ゆっくりゲームをする時間余裕のある時は良いが、リアルが忙しくなってなかなかログイン出来なくなったりしたら、さぁ大変。
ギルドリーダーを交代してくれる人がいれば問題ないのだが、そうスムーズに誰かに交代できる状況でないことがほとんど。ギルドリーダーを辞めるのは本当に大変。

ギルドリーダーを引退するのは大変だった。

これは、筆者が某スマホゲームでギルドを立ち上げてリーダーの座についたのだが、リーダーであるが為にゲームの引退に苦労したという実話だ。
まず、筆者がゲームを引退したい旨を、副リーダーのAさんに伝え、代わりに次期リーダーをやってくれないかと頼んでみた。以下はその後のやり取り。
Aさん:「わかりました。他に誰もやる人いないなら僕やっても良いですよー。一応Bさんにも声をかけてもらえますか?」
筆者:「ありがとうございます!助かります!わかりました、Bさんにも聞いてみます。」
Aさん:いつの間にか無言でギルドを脱退していた。
Bさん:「私はリーダーの器じゃないです。Cさんが適任だと思うのですがどうでしょうか?声かけてみて下さい!」
Cさん:「私よりBさんが頑張っているので、Bさんがリーダのほうが良いと思います!Aさんはギルド抜けちゃったんですか?Aさんどこに行ったのかな??」
 
あーあー。どうしたものか。次のリーダーが全然決まらない。結局、誰もギルドリーダーとかやりたくないのだ。
本音を言うと、今すぐギルドを解散するか、ゲームデータを消去して、すべて無かったことにしてしまいたい! だが、まだ活動中のメンバーのことを思うと無下にも出来ない。
事の経緯をギルドメンバーへ知らせ、個別メールを数十通送って調整を図って、結果的にBさんにリーダーを引き継いでもらい、筆者は某スマホゲームを引退したのだった。

なぜゲームを辞めたのか?

理由は単純!某スマホゲームがあまりにもつまらないゲームだったからだ!
本当は正直に「このゲームマジでつまんないので辞めます。」と言いたかったのだが、まだゲームを続けている人達、ましてや課金して頑張ってる人達にそんなことは口が裂けても言えない。「リアルが忙しくなって続けられないので辞めます。」と伝えた。結果的にギルドのみんなに嘘をついてしまっているが、これも大人の礼儀で必要悪。
「ギルドを設立したんだったらギルドがなくなるまで続けるべきでは?」
「好きでギルドリーダーになったんだから、最後まで責任持てよ!」
このような非難の声も各方面から聞こえてきそうだが。
「ゲームが全く面白くないけどギルドリーダーだから仕方なくゲームを続ける」というのは違うと思う。その選択肢はとってはいけない。何ためのゲーム?ゲームは楽しむためのものでしょ!
ゲームは趣味=娯楽であって、仕事=義務ではない!
なので、ギルドリーダーだろうと何だろうと、辞めたかったら即刻辞めていいというのが筆者の個人的意見。

ゲームを辞める人は突然いなくなるのが当たり前

そもそもゲームをやめる人は、ログインが減ってそのままフェードアウトするというのが最多のパターンだ。本当にリアルが多忙になった人は、ゲームのことなど考える余裕はない。みんなにお別れメールを送って、今までの感謝を伝えるなんて作業ができる余裕があるはずがない。
「忙しくなったので引退します!今までありがとうございました!」などと、ご丁寧に挨拶するような人は、そのゲームに未練が残りすぎている。一旦やめてみたところで、しばらくたてばまた再開する可能性が高い。
現に、筆者はそのようなプレイヤーを数えきれないほど見てきた。本当に辞めるつもりだった人や、いったん辞めざるを得ない状況になったけど頑張って時間を作ってゲーム再開した人もいるだろう。ただ、中には「辞める」と言って、別れを惜しむ仲間の声を受け取り、「やっぱり辞めない」と言って、安堵する仲間の声を受けとる、「やめるやめる詐欺」の人も存在している。

【まとめ(筆者の主張)】
「やめる」と言って辞める人は少なく、実際は何も言わずに辞める人が大半。
ゲームはゲームで、リアルのほうが大切!何も言わずに辞めるのは礼儀知らずだと言われる筋合いはない!

ギルドリーダーがギルドを辞める時の挨拶文

本題の「ギルドリーダーの辞め方」についてだが、

シンプルに以下のテンプレートを推奨する。

 【副リーダーを次期リーダーに依頼する場合】
「誠に勝手ながら、わたくし〇〇は、〇月〇日を持って、ギルドリーダーを辞任します。次期リーダーは副リーダーの〇〇氏にお願いします。今までありがとうございました。」

【ギルドを解散する場合】
「誠に勝手ながら、わたくし〇〇は、〇月〇日を持って、ギルドリーダーを辞任します。同日を持ちましてギルド○○は解散致します。今までありがとうございました。」

少々強引だが、これでどうだろうか。
ギルドを解散してしまうというのは、非常に後味が悪いのだが、リーダーを譲り受けた次期リーダーも、引退したいときにあなたと同じような苦悩を味わうことになるので、潔くギルドを解散してしまうのが最も良いのかもしれない。

今までギルドリーダーを続けて来られた皆様、本当にお疲れさまでした。

関連記事:ギルドの上手な抜け方と脱退した方がよいギルドの特徴

【無課金の遊び方  TOP】 

【>> ロードモバイル  TOP <<】