ゲーム攻略・レビューサイトの最新版
 >> ロードモバイル TOP

無課金の遊び方

モバイル対応ゲームを無課金プレイして徹底レビュー‼︎ 無課金に特化したゲーム攻略サイト‼︎

ロードモバイル序盤攻略 無課金必見!

もしあなたがロードモバイルを始めたばかりで、このゲームを無課金プレイしようとしているなら、これだけは知っておいて欲しい。このゲームを戦争ゲームとして楽しみたいのであれば、筆者の経験上、最低でも2年の下積みが必要。長期の下積みを覚悟できない人は無課金でプレイしようと考えず、今すぐこのゲームから手を引くことをお勧めしたい。ただし、生まれてから180日以内の間(保護期間+管制期間)は、古い王国から猛者が移民してくることができないので、同じ時期にローモバを始めた者同士の戦いとなる無課金でも比較的戦いやすいので、この時期に存分に楽しんでおくことが大切。また、戦争ゲーム以外の楽しみ方もできるので、無課金プレイヤーは是非そちらのほうでローモバを楽しんで、無課金でもめげずにプレイし続けてほしい。
ローモバ を始めたばかりの方、特に無課金でプレイしようと考えている方は必見!
具体的な攻略ページへの詳細リンクも多数載せているので、まずはこの記事をざっと読んでみて欲しい!!

初心者は何からすればよい?ロードモバイル序盤攻略

<目次>
1.  ロードモバイルのゲーム性
2.  初心者用転送の巻物と移民について
3.  何からすればいいの?「研究」「建設」「兵士を訓練」 とは
4.  無課金初心者の効率の良い進め方

【ロードモバイルってどんなゲーム?】
ロードモバイル: オンラインキングダム戦争&ヒーローRPG
世界中のプレイヤーとリアルタイムで対戦できる戦争ゲーム。
ヒーローと呼ばれるキャラクターと兵士を育て敵と戦う。
敵は自分の所属するチーム (ギルド)以外の全てのプレイヤー。
様々な国の人が24時間リアルタイムでプレイしている。
ゲーム内でチャットやメールもでき、外国人と本場の外国語でコミュニケーションが図れることも魅力。

 ロードモバイルのゲーム性

1. 戦争ゲーム

個人vs個人また、ギルドvsギルドで戦争を行う。
プレイヤーの1人1人が城を所有しており、城の中には兵士を所有している。
簡単に言うと、自分の兵士を出撃させて、相手の城を燃やすゲーム

f:id:apple0020:20210804142106j:plain

相手の城を攻め入り相手に勝利すると相手の城が燃える。城が燃えている様子はとてもリアル。近くに集まっている城を沢山燃やすとスマホ画面全体に炎が広がって爽快。相手の城を攻め入り、敗北すると相手の城は燃えずすすが上がるだけとなる。1人で倒せない相手の城には、ギルドと呼ばれるチームで協力して集団で襲いかかることが可能で。自分の城が相手に攻め入られている時は、スマホ画面の縁が赤く点滅して警告音も鳴る。初めてこの警告音と画面の赤点滅を見た初心者は恐怖に震え、心臓の鼓動が激しくなる人が多数。【>> 攻撃されたらどうする?敵の襲撃に備える方法 <<】

ちなみに、青枠は味方の増援(ギルドの仲間が助けに向かってきてくれている)、緑枠は供給(ギルドの仲間が資源をプレゼントしてくれている)サインで、青枠、緑枠になっても驚かなくて大丈夫。

2. 育成ゲーム

ロードモバイルで戦争をするためには、城やヒーローと呼ばれるキャラクターの育成をする必要がある。城レベルはLv1から始まりLv25まで上げることができるが、城レベルを25にするには、長い時間がかかる(無課金で半年ほど)。【>> 城レベル15に最速で上げる方法 <<】

ヒーローを強くしたり、兵士を増やしたり、研究をすすめたり、城の内部の建物を建設したり、ロードモバイルでは、育てるものが沢山。この育成をしっかり行わないと、弱いままの状態となり、上記の戦争ゲームとしての遊び方ができない。(弱いと他プレイヤ-との戦争に負けてしまい、自分の城が燃えるだけになってしまうので、戦争ゲームとして楽しめない。)つまり、育成をしっかり進めたのちようやく戦争ゲームとして楽しめるというわけだ。【>> 育成ヒーローの優先順位トップ3 <<】

ゲーム内課金があるので、課金をどんどんすると早く強くなり、早く戦争で活躍できるようになるが、逆に無課金のままだとなかなか強くなれず、いつまで経っても戦争で活躍できない状態が続く。ちなみに私は無課金で1年2か月このゲームを続けているが、まだ育成期間中。育成ゲームとして楽しむのであれば、無課金で十分楽しめる。【>> 無課金でT4兵士を解放するまでの記録 <<】

3. コミュニケーションツール

ギルドと呼ばれるチームに加入すると、ギルド内でチャットが行える。ギルドには最大100名加入できるので、人数が多くてログイン率の高いギルドに加入すれば、チャットが賑やかで、会話好きな方はとても楽しめる。年齢層は幅広く、若い方で中学生、高校生、大学生、会社員、経営者、主婦など、様々な生活背景の方がゲームを楽しんでいて、女子も結構いる。

チャットの会話内容はギルドによって様々で、ゲーム内の戦争等の話題が中心で私生活の話題はほぼ無いギルドもあれば、私生活の様子をツイッタ―並みに、呟くギルドもあり様々。自分に合った雰囲気のギルドに加入すると楽しい。

ちなみにログイン率が高く、チャットが私生活の話題で盛り上がれるギルドに加入していたときは、日本各地の気象情報、地震、台風の被害状況などが、ギルドメンバーからリアルタイムに知ることができ、良い情報収集の場になっていた。ローモバは毎日ログインするので、リアルの友達よりもローモバ内のギルドメンバーとやりとりする回数の方が圧倒的に多く、特別な友情が芽生える。このようにチャットツールとしても十分楽しめる。【>> 脱退した方がよいギルドの特徴とギルドの上手な抜け方<<】

<まとめ>ロードモバイルの3つの楽しみ方

~ロードモバイルはこんな方にお勧め~
戦争して城を燃やして、ストレス発散したい(課金ができる人向け)
コツコツ育成ゲームがしたい(無課金で十分楽しめる)

チャットで色々な人と話したい、国際交流したい(無課金で十分楽しめる) 

 初心者用転送の巻物と移民について

ロードモバイルには、いくつもの王国が存在しており、王国間の移動ができる。王国間移動には通常「王国移民の巻物」というアイテムが必要で、無課金プレイヤーでも、ギルドコインが貯まっていればギルドショップから入手できるが、必要なギルドコインを入手するにはある程度時間がかかる(2~3か月程度)。

ただし、城レベル5以下でゲーム開始3日以内の初心者プレイヤーに限り、「初心者用転送の巻物」を使用して、王国の移動ができる。

【※注意点】
・王国の数は日々増えていて、初心者は最新の王国からプレイ開始となる。王国設立から3か月間は王国保護期間中となり、既存の熟練プレイヤー達がやってこれないため、初心者狩りから守られている状態。新規王国から古い王国へ移るほど、猛者が多く、プレイ難易度が増す

保護期間中の王国から抜けると、戻ることはできない!!(元の王国の保護期間が終わると入れる)また、保護期間中の王国同士で古い王国から新しい王国への移動はできない

筆者の意見では、国保護期間中が一番楽しくゲームができる。プレイヤー同士、課金・無課金の差はあるが、プレイ期間の差はほぼないためだ。無課金であってもローモバの仕様に関する知識が豊富であれば、なんとなくプレイしている課金者を欺くこともできる。いかに熱心に情報収集をして戦略を練るかが勝負のカギになり非常に面白い。だが、ひとたび王国保護が終了して開放されると、プレイ期間3年、5年のベテラン勢がどんどん入ってくるため、初心者はバリアを張って籠るしかなくなる。「強いギルドに所属したほうがもらえる報酬は多い!」という謳い文句で王国保護外のギルドから勧誘されることもあるかもしれないが、移民はよく考えて決断しよう!

何からすればいいの?「研究」「建設」「兵士を訓練」を解説!

【建設】

プレイヤーは自分の城を持っている。ゲーム開始時はレベル1だが、チュートリアルを進めていくとすぐLv2、3と上がっていく。城のレベルは最大Lv25。建設しないといけないものは、城そのものだけでなく、兵士を作るための兵舎、兵士を治療するための医療所、麦を作るための農場などなど、様々。これらの建物は城レベルを上げていく上で必ず必要になる。建設の優先順位はまず城から。領地の城をタップして建設しようとすると、城レベルを上げる為の条件が表示されるので、城のレベルを上げられない場合は、表示に沿って、他の建物を建設していけば良い。そうやってまんべんなく他の建物も建設しつつ、城のレベル25を目指そう!城レベルが15になると、できる研究も増えてくるので、まずは城をLv15にすることが第一の目標となるだろう。

始めのうちは城のレベルがどんどん上がるが、そのうちレベルを上げるのに待ち時間が出てくる。始めの頃は数時間の「待ち時間」が、だんだん数日かかるようになってくる。この待ち時間を短縮する為には「スピードアップ」と呼ばれるアイテムを使えば良い。また、建設には「資源」が必要。資源は5種類で、麦、石、木、鉱石、ゴールドとあり、建設を進めていくと、この資源が足りなくなってくるので、資源を調達する必要がある。【>> 資源を効率よく集める方法 <<】

【研究】

「アカデミー」と呼ばれる建物を建設すると、研究ができるようになる。このゲームで強くなる為には研究が必要。研究を進めることで、強くなっていき、様々なことが出来るようになる。
研究にも、建設と同じく、待ち時間がかかり、完了すると次の研究に取りかかれるようになる。始めの頃は、数10分~数時間で研究が終わるので、こまめにログインして、研究が止まっている時間を極力減らしていくのが、早く強くなるポイント。研究でも、待ち時間を減らすためには「スピードアップ」のアイテムが使用できる。【>> スピードアップアイテムの効率の良い集め方 <<】

【兵士を訓練】

 ロードモバイルにおける「兵士を訓練」とは、兵士の数を増やすこと。
自分の城の敷地内(領地)にある、「兵舎」で兵士を訓練すると、兵士をどんどん増やすことができる。
兵士には強さがあり、第1部隊<第2部隊<第3部隊<第4部隊<第5部隊<第6部隊と兵士のグレードが上がる。初めは第1部隊の兵士しか作れないが、「研究」を進めることで、第2部隊、第3部隊と作れるようになってくる。
ちなみに、正式には第1部隊、第2部隊などと呼ばれているが、一般的にはT1の兵、T2兵とTをつけて呼ばれている。(Tは、英語のTier=階層の意味)
兵士を訓練するためには、研究や建設と同じく、「資源」が必要。また、訓練にも待ち時間がかかる。

<まとめ ロードモバイルでまず何をすればいい?>
・ロードモバイルですることは、「研究」「建設」「訓練」を進めていくこと。
・まずは自分の城のレベルをLv15に上げることを目標とすると良い。
・「研究」「建設」「訓練」をするには「資源」と「待ち時間」が必要。
・「待ち時間」を減らすためには「スピードアップアイテム」を使用できる。

無課金初心者の 効率が良いロードモバイルの進め方

ジェムは使わないですべて貯めておく

城レベルを25にした後、アカデミーのレベル25を目指すが、アカデミーLv25にするまでに、様々な施設をLv25にしなければならない。その時にジェムを大量に使用する(約600k個=60万個)!! 【>> ジェムの効率の良い増やし方と使い方 << 】
アカデミーを25に上げることで、大幅な研究速度UPのブーストがつき、効率よく研究を進められるようになる他、アカデミーLv25に上げないとできない研究もあり、早めに終わらせたい研究に取りかかれなくなってしまう。
初心者の頃はノーバリアのシェルター管理でバリアを節約することがポイント

シェルターは何度でも無料で張替ができ、12時間ロードと兵を守ることができるため、12時間以内にログイン可能な方はシェルター管理をお勧め。資源は保管庫を超えた分は奪われてしまうが、事前に同じギルドの仲間に預けておくことで守ることができる。
課金者はバリアを貼ることが多い(課金の力で兵を大量に作り、シェルターで守り切れない段階にすぐ突入する)ため、日頃からギルドメンバーとコミュニケーションをとっておけば、快く資源を預かってくれるし、必要な時は返却してくれる。たとえ、返してくれなくても、敵に奪われるよりまし。ジェムを消費してバリアを買うより効率的。バリアがギフトで余っている方は使用してよいが、バリアをジェムで購入することは避けたほうが良い課金者であれば、バリアはケチらずジェムで購入することが、兵士を守るために重要なことだが、無課金者は兵士を守るよりジェムを節約したほうが良い

無課金でも強くて活発なギルドに加入することで、毎日バリアが張れるようになる。【バリアの集め方 ~無課金でも毎日バリア~】国保護期間中のギルドはどこのギルドもまだギルドレベルが低いため、ギルドギフトからバリアが出てくる確率は低いが、保護期間終了後の強豪ギルドでは無課金プレイヤーでも毎日24時間バリアが張れるため、加入するギルド選びは重要。

資源の麦は最優先で貯める
後々、兵士が多くなると、麦消費量が麦生産量を上回り、領地の麦が0の状態が続く。そのようの状態になると、せっかく麦を採取しても、手持ちの麦はどんどん減ってしまい(バッグの麦は減らないが)、使いたいときにはバッグから使わないといけないため、バッグの麦がなかなか増えない。後に困る。課金者は買えばいいが、無課金者はそうはいかないため、麦は初期の段階で貯めておく必要がある。

ギルドは人数が多くてアクティブな所に加入する
ギルドの人数が多いと、もらえるギフトの数が多く、アイテムが沢山手に入る。また、闇の巣窟を倒し易くなり、そこでもアイテムを入手できる。研究や建設のヘルプがすぐにもらえることも重要。【>> ロードモバイル 強豪日本ギルドまとめ 2022 <<】

まずは魔獣討伐の研究、召喚獣の研究を進める
魔獣討伐の研究をすすめることで、行動力の回復が速くなり、魔獣を叩ける回数が増える。魔獣を叩ける回数が増えると、もらえる経験値やアイテムが増えるので効率的。魔獣を倒すことができれば、ギルドのメンバーにギフトも入り、ギルドに貢献もできる。

筆者の無課金プレイ記録を見れば、無課金で長期プレイするイメージがつくかもしれない↑↑

【>> ロードモバイル攻略 人気記事 TOP << 】